ブログトップ
目で見るダイブログ。MI2のバリ島ダイビング水中写真ログ。
godivemi2.exblog.jp
マンタの背中に違いが・・・ 皮膚病なのかも?
ブラックマンタの背中がおかしい。と思う。
普通のマンタはシワがいっぱいあるけど結構滑らかな背中(写真①)をしているのに、
ヌサペニダ島のマンタポイントにはブラックマンタが多く見られますが、その中に写真②のようなイボイボマンタがいます。バリでは異変が?なのかな?世界的にどうなんだろう?

他のブラックマンタにもやはりボツボツがあるのがいます。
なんなんでしょうか?気になります。
ちなみに、写真①は妊娠中のマンタなので、皮膚が張っているかも。

そして、まだまだ謎の多いマンタの生態について。
マンタは外洋の水面近くを遊泳すると書いてあったり、深海に行けたりと生息域も確かなことは分っていないみたいだけど、エラの構造上(他のエイは水の噴出孔があるが、マンタは塞がっていると言われている)から砂地に着低することがないと言われている。でも、噴出孔が開いているのを見たことがある。そして、よく砂が背中に付着している個体をよく見る。体を砂にこすり付ける行動は見たことあるけど、着低しているのではないかと疑問だ。

MI2  http://godive-bali.com/

写真①
c0131970_2002855.jpg

写真②
c0131970_204253100.jpg

[PR]
by godive-mitsu | 2008-03-15 17:49 | 魚類(エイ)
<< ハダカハオコゼ タテジマキンチャクダイ 太平洋型 >>